用語集
E (1) | I (1) | G (1) | L (1) | M (1) | N (1) | (1) | (2) | (3) | (2) | (2) | (8) | (1) | (4) | (1) | (4) | (2) | (2) | (2) | (2) | (1) | (1)

隙間相当面積(C値)
住宅全体の隙間の総面積(cm2)を床面積(m2)で割った値で、気密性能を表す指標の一つ。略称「C値」。
 
実際に建物にある隙間の総面積を調べるのではなく、建物を密閉した状態で強制的に送風機で空気を送り込み、どの程度空気が逃げるかを測定する(漏気量から隙間面積を推定していることから「相当」と表記)。なお、次世代省エネルギー基準では、地域区分に応じた隙間相当面積が定められていたが、現在は緩和されている。